よりいっそう高額で骨董品を売却するための秘訣

骨董品は高価買取りが期待できる?

骨董品を所有している場合、それを売却すればいくらぐらいになるかを想像するのはおもしろいでしょう。ただ、骨董品にもピンからキリまであります。テレビ番組などで壺に1千万円の価格がついたりすることがありますが、普通の家ではまずあり得ません。100万円以上の価値がある骨董品は、有名な人が作った作品です。中学や高校の教科書に出てくるような有名な人が作った作品であれば1000万円を超えることはありますし、教科書レベルではなくてもある程度有名な人の作品であれば100万円以上の価値があることが多くなります。 ですが、普通の家庭でそれらの骨董品を所有することが出来る可能性はほとんどなく、大抵は高くても5万円ぐらいの価値が付くことがあるぐらいになります。

できるだけ高く売るには

5万円でもなかなかの価値がある骨董品ですが、1コ1万円でも複数倉庫の中から出てきてそれを売るとなった場合にはそれなりにまとまったお金を手に入れることができるはずです。ただし、保管状態が良かった場合です。 例えば、それなりに有名な人が書いた江戸時代の掛け軸を保有していた場合、掛け軸その物は5万円ぐらいの価値があったとしても、その状態が悪ければ1万円にすらならない可能性があります。掛け軸が虫に食われていたり、カビが生えていた場合などです。そこで、骨董品を保管するには、カビや虫食いには気を付けなければなりません。また、入れ物がある場合には、必ず入れ物をとっておくことが必要になります。入れ物がなければ価値は半減してしまいます。